令和2年度の調査研究活動の一環として、「ウィズコロナ•アフターコロナ社会における新しい観光のあり方に関する調査研究」を行い、門川市長に報告書を提出いたしました。

 私は、観光は文化交流、国際交流の基礎となるものであり、国内外においての相互理解を促進するために重要であると考えています。今回の調査研究において、私は観光関連事業者及びそこで働く「人」の生活に着目しつつ、市民生活との調和を重視した観光の在り方を実現するため、市民の方にも温かく観光客を受け入れていただける環境整備に必要と考える事柄を要望・提言をさせていただきました。

 確かにコロナ前には「観光公害」と非難される事態が市内各所で見られましたが、新型コロナウイルス感染拡大によって観光客が激減した事により、京都の観光をめぐる状況も様変わりしました。そうした時期に観光に関する提言をすることに対しては、ご批判もあろうかと思います。しかし新型コロナウイルス感染症の影響によって観光業全体が大きな打撃を受けている今だからこそ、これまでの観光に関する課題を解決し、大変な思いをされている観光関連事業者やそこで働く人々が少しでも希望がもてるように、ウィズコロナ•アフターコロナ社会における新しい観光のあり方を考えることには、大きな意味があると考えます。京都の観光をめぐる最大のピンチを最大のチャンスに変えるべきです。

 元来、観光は人々の間に分断を招き入れるようなものではなく、人々をつなぐ役割を担うはずのものです。観光を通じて、国内外の人々がより多く交流することで、民間交流が広がり、ひいては世界平和につながると考えます。観光の持っているそうした希望の力を活かしたいとの思いから、今回の提言をいたしました。一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束し、皆さまが観光を楽しめる日が来るよう願っております。

「ウィズコロナ・アフターコロナ社会における新しい観光のあり方に関する調査研究」報告書全文

ゆめあす1

ゆめあす1