京都市では、文化芸術に関する活動を通じて、文化芸術に対する市民の関心を高め、その振興に寄与する功績のあった方に対して賞を贈っています。この度、ロックバンド「くるり」の功績を称え、京都市文化芸術有功賞を授与し、12月24日に授与式が執り行われ、文化環境委員長として私も出席させていただきました。

 「くるり」は、1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークルにおいて結成されたロックバンドで、現在は岸田 繁さんと佐藤 征史さんのお二人で活動をされています。平成19年から毎年開催され、本年で15回目を迎えた「京都音楽博覧会」を主催し、長年にわたり京都の音楽文化の振興に御尽力いただいています。今回の賞はその功績を称えるものです。京都市発のバンドとして活躍されている「くるり」に、京都市文化芸術有功賞を授与できたことをうれしく思います。今後、益々のご活躍を心からお祈り申し上げます。

くるり