令和4年度当初予算を審議する予算特別委員会が3月2日から3月9日まで担当部局別で行われ、3月15日、16日の2日間に渡り、市長・副市長に対する予算の総括質疑が行われました。

 私は16日に市長に対して令和4年度予算について、以下のとおり総括的に質疑を行いました。
1.財政再建のための国の経済対策に的確に対応していくこと。加えて、本市としての歳入・歳出の収支バランスを図ることに対する市長の見解。
2.行財政改革計画の中での「都市の成長戦略」について、税収増を掲げる中、本市の努力だけでなく、新型コロナウイルス感染症、原油高、ウクライナ情勢などの外的要因に対する対応。
3.短期的な税収増に資する「ふるさと納税」を積極的に進めていく必要性。
4.まち美化事務所の再編・統合や民間委託化75%を進める中での、ごみ収集業務に対する令和4年度の取組状況。

 以上の4点について門川市長と議論を交わしました。この総括質疑を踏まえ、令和4年度予算について慎重に検討して参ります。

総括質疑の映像はこちら
予算特別委員会 視聴総括質疑

予算特別委員会