11月29日に予算特別委員会が開催され、平成30年11月補正予算が審議されました。

今回の補正予算では、地震・豪雨・台風など相次ぐ災害による被害に対して、9月補正予算で実施した緊急財政措置に引き続き、更なる復旧を進めていくための予算が提案されています。また幼稚園における一時預かり事業に要する経費や来年の統一地方選挙の準備に関する経費などについても提案されています。

予算特別委員会

私は予算特別委員会において、災害関連の復旧に関する経費などについて質問をいたしました。具体的には(1)現在の災害復旧の進捗状況、(2)今回の補正予算での完全な復旧の見込みについて質問をし、倒木被害を踏まえた防災・減災対策の推進と関西電力等の関係機関と連携した停電対策に取組む必要性を訴えました。

これらの質問について京都市からは、今回の災害について復旧の完了に向けた取組を行うとともに、事前の対策を講じる考えが示されました。