6月18日(月)の朝に大阪府北部地震が発生しました。震度6弱の大きな地震によって、尊い命を失われた方のご冥福をお祈りするとともに、被災されたすべての方々にお見舞いを申し上げます。

今回の地震において、通学中の小学生と見守りボランティアの方が、ブロック塀の倒壊によって、亡くなるという痛ましい事故が発生しました。この事故を受け、公明党京都市会議員団として、京都市教育長に対して緊急要望書を提出いたしました。

要望提出

要望内容としては、以下の3点です。

1.学校等に設置されたブロック塀について、安全性の総点検を早急に実施するとともに、その結果を公開し、速やかに具体的な対策を実行すること。
2.府教育委員会や市長部局等と協働し、災害時に被害が発生する可能性の高い通学路等の安全対策を再度講ずること。
3.子どもたち及び保護者に寄り添い、不安を払拭するための学校運営が行われるよう、全面的にバックアップすること。

京都市でもいつ大きな地震が発生するかわかりません。子どもたちの安全をはじめ、市民の皆様の安心安全につながるよう、これからも取り組んで参ります。