ロシア軍のウクライナ侵略による平和と人道を破壊する行為に対する非難決議を可決した京都市会は、緊迫するウクライナ情勢を踏まえ、姉妹都市キエフに対して都市の再建、支援物資の確保、避難民の支援等のため、義援金を送付することになり、田中京都市会議長が3月25日に記者会見で明らかにしました。京都市会議員の義援金(100万円)は、今後、京都・キエフ姉妹都市提携50周年記念事業実行委員会を通じて、キエフ市関係機関に送付することを予定しています。