京都市政の推進と発展に多大な尽力を重ねてこられた村上恵子副市長と在田正秀教育長が3月31日をもってご退職され、京都市役所にて退庁式が執り行われました。

 村上圭子副市長は京都市に38年間勤務され、京都市初の女性副市長として京都市発展のためにご尽力いただきました。

村上副市長

 在田正秀教育長は京都市教育委員会に40年間勤務され、京都市の教育の向上や生涯学習の推進にご奮闘されました。

在田教育長

 市会議員としてお二人と様々な議論を交わしながら、市政発展のための取り組みや教育の充実のための提案等をさせていただき、多くの政策を実現できたことを心から感謝申し上げます。

 また、本日をもって多くの京都市職員の皆様がご退職されます。皆様には、本当にお世話になりました。ありがとうございます。